プロフィール写真の撮り方と掲載のコツ

 

プロフィール写真が重要であることは言うまでもありません。プロのカメラマンに撮影してもらうという手もありますが、自分自身でもうまく撮影するコツはあります。

 

【撮影のコツ1:顔の角度】

誰でも自分の顔で好きな角度というものがあります。

 

しかし、それはあなたが好きな角度であって、好印象を与えるものかどうかは別です。男性であれば妙に格好を付けたり、女性であれば妙にかわいく見せようとしたりするのは敬遠されがちです。

 

基本的は正面からのバストアップ写真です。

 

ただ、人には姿勢の癖があります。まずは自分の癖を確認します。
自分でまっすぐ正面を向いて写真を撮ってみましょう。

 

そうすると顔がどちらかに曲がっていることが分かります。
それを知った上で撮影時の角度を考えましょう。

 

【撮影のコツ2:光の当て方】

撮影では光の当て方で印象が大きく変わります。
ただ、たくさん光を当てれば良いというものではありません。

 

個人では専用機器はないでしょうから、机で使用するようなスタンドライトを利用すると良いでしょう。室内でスタンドライトの角度調節を行い、影をうまく作り出すことで立体感が生まれます。

 

【撮影のコツ3:メイク】

女性のメイクはナチュラルメイクに限ります。最近のカメラやサイトは技術が向上しているので、あまりメイクを濃くしなくても美しく撮影できます。

 

しかし、メイクは女性に限った話ではありません。

 

男性も薄いファンデーションを利用し、髭や毛穴をカバーしておくと美肌に写ります。男性はどうしても肌に年齢が出やすいので、多少カバーする必要があります。男性も女性も肌が美しいと写真写りも一段と変わってきます

 

【撮影のコツ4:背景】

写真撮影では人物を際立たせたいものです。
しかし、普通に撮影をすると背景までくっきりと写ってしまいます。

 

そこで、撮影モードを変更し、背景をぼかして人物を際立たせるようにするとプロ顔負けの構成になります。ただし、背景をぼかすからと言ってどこでも良いということはありません。

 

ぼかしながらも醸し出される色合いはとても重要な要素です。

 

【撮影のコツ5:バリエーション】

まだ見ぬ相手に対しては想像力をかき立てられるものです。
そういう意味では1枚の写真が強くイメージを固定させる可能性があります。

 

これを防ぐために、いくつかのバリエーションを準備しておくと良いでしょう。

 

全身写真は1枚程度で問題ありませんが、バストアップ写真はメイクの雰囲気を変えたり、髪型を変えたりして対応しておくと、あなたの魅力の引き出しがたくさんあると伝わります。