婚活が成功しやすいタイプとは?

 

婚活に励む人は男性が30代以降、女性が20代後半以降と言われています。
しかし、婚活に入ってすぐに結婚ができる人もいれば、なかなか結婚できない人もいます。

 

理想が高くても結婚できる人がいる一方で、さほど理想が高くないのに結婚ができない人もいます。
一体何がどのように違うのでしょうか・・・

 

【男性編】

婚活がうまくいく男性の条件で上位に来るものは『経済力』です。
やはり結婚生活を送る以上、安定した収入が必要です。

 

近年、女性の社会進出が進んでいますが、それでも一般的には男性の収入が高く、一家を支える存在であることも事実です。そういう意味でも経済力は婚活を成功に導く最強のステータスです。

 

次に『休日状況』です。

 

いくら収入が高くても休日がないのでは、家族の時間が取れません。もちろん、法律ではこんなことが認められていませんが、現実的に超過勤務を徹底的にこなしてがんばっている人はたくさんいます。有給休暇や育児休暇などが積極的に取れるかどうかも同様に重要です。

 

他に『子育てへの貢献度』です。

 

初婚の場合は子供を含めた家族に憧れることが多いでしょうし、子連れ結婚の場合は余計に影響します。誰でも始めは協力的ですが、些細なすれ違いから噛み合わなくなっていきます。

 

そんなことを防ぐためにも、子育てにどれだけ貢献できるかは重要です。
男性は積極的に参加することが大切です。

 

【女性編】

婚活を成功に導く女性像として挙げられる条件は『家事』ができることです。

 

やはり男性は支配欲が強い生き物です。自分のために何かしてくれる女性はかわいく感じ、手放さないように抱え込むようになります。

 

社会人の男性にとって、帰宅後は何もしたくないという本音をもつ人は大勢います。そういう男性に対して家事で尽くすことができる女性は人気があります。

 

また『男性をたてる』ことができる女性も人気があります。

 

結婚をするとなると、外で知人と顔を合わせることもあるでしょう。
そんな時にどう振る舞うか、男性をどうたてるのかで周りの印象が変わってきます。
かいがいしい女性の印象は、付き合っている、または結婚する男性の評価にもつながります。

 

他には『女性らしさを忘れない女性』です。

 

結婚レベルで付き合うとプライベートを目にすることがよくあります。

 

もちろん女性もリラックスしたいことでしょう。それでも、男性の前であまりにだらしない格好や振る舞いをする女性は、女性らしく見られなくなっていきます。

 

子供を産んだ後の女性が、女性ではなく母親として見られてしまうのも同じ理由からです。ただ、これには女性の努力だけでなく、男性の協力が不可欠で、時間的にも精神的にも余裕を持たせてあげることが重要です。