婚活サイトの失敗しない選び方

出会い系サイトではサイト選びの失敗ということをよく耳にしますが、
実は婚活サイトでも同様にサイト選びの失敗は存在します。

 

何をもって成功とか失敗と結論づけるかにもよりますが、一般的に『悪質サイト』と分類される特徴を取り上げ、これを基準に正しい婚活サイト選びに生かしていきましょう。

 

【女性会員が40%以上在籍している婚活サイト】

基本的に出会いを求めるのは男性の方が多いです。
一般的な出会い系サイトに比べて婚活サイトは女性会員の割合が多いことは事実です。

 

これは身元がはっきりしているのでトラブル防止の効果がはたらき、女性が安心して利用できることが影響していると考えられます。しかし、女性会員の割合が多いと言われる婚活サイトであっても、その割合は多くて40%程度です。

 

これを軽く超える男女比率を出しているサイトは慎重に判断する方が良いでしょう。

 

ただ、中にはあえて入会制限を設け、男女比率を50%:50%に近い状態でキープしている婚活サイトもあるので、一概には言えませんが、1つの基準として知っておくと良いでしょう。

 

【料金が掲載されていない婚活サイト】

婚活サイトは身元保証などの信頼度が高いツールです。普通の出会いではなく、将来を左右する大きな出会いを求めるという性質上、利用料金が高くなります。

 

それゆえ、料金に関しては明確でなければなりません。

 

出会い系サイトのように、登録しなければ利用料金の詳細が分からないような婚活サイトは止めておいた方が良いでしょう。また、途中で追加料金が発生する婚活サイトも同様に避けた方が無難です。

 

【コンテンツが豊富すぎる婚活サイト】

婚活サイトの利用目的は『結婚すること』です。これ以外にはありません。
出会い系サイトのコンテンツが豊富なのは、利用目的が多岐に渡っているからです。

 

その分、閲覧数やヒット数が多くなっています。

 

婚活サイトは、結婚を前提とした出会いの提供の場なので、ある意味シンプルな作りであることが当然です。無駄にコンテンツ数が多いところは、それなりの利用者しかいないと考えて良いでしょう。

 

【利用料金が安すぎる婚活サイト】

一見、利用者の立場で考えられている優良サイトのように思えますが、落とし穴があります。
もしかするとサイト運営者は利用者の立場で考えてくれているのかもしれません。

 

しかし、料金が安いことで、気軽に会員になることができる、いわゆる「ハードルが下がる」ことが考えられます。実際、好評価を得ている婚活サイトは、しっかりした利料金が設定されています。

 

半年間の利用で約1万円〜10万円を基準に考えるのが良いでしょう。
それだけの利用料を支払って、遊び目的と言うことはまず考えられませんから。