婚活サイトを掛け持ちする場合の注意点

婚活を行う上で最も費用が安く、手軽に始められるのが『婚活サイト』です。
しかし、どの婚活サイトに運命の相手がいるか分かりません。

 

こういう場合に思い浮かぶ対処法は『婚活サイトの掛け持ち』でしょう。

 

1つの婚活サイトよりも、複数の婚活サイトを掛け持ちすればそれだけ会うことのできる確率が高まります。いくつの婚活サイトに登録するかは自由ですが、掛け持ちの時は注意も必要です。

 

【婚活サイト掛け持ち注意点1】

まずは『費用』です。

 

毎月の利用料は大きな負担ではありませんが、複数のサイトを掛け持ちするとそれだけの費用になります。総額という意味ではかなりの高額になります。

 

もちろん婚活サイトによって料金体系は様々です。掛け持ちを考えているのであれば、事前にきちんと調べて計算しておくことが重要です。

 

【婚活サイト掛け持ち注意点2】

次に『アピールの方向性』です。

 

婚活サイトで登録、プロフィールの作成が終了すれば後は自分をどのようにアピールしていくかと言うことです。つまり、自分自身のキャラ設定というところでしょうか。

 

複数の婚活サイトに登録するのであれば、少しでも多くの反応を得るためにキャラを使い分けることも1つです。この場合、注意しなければならないことは、相手に掛け持ちを知られないようにした方が良いということです。

 

あくまでサイトなので、実物には会っていない状態です。
キャラの使い分けをしていることが相手に知られるとそれは信頼度にもつながります。

 

できることなら、キャラは統一しておいた方が良いでしょう。

 

【婚活サイト掛け持ち注意点3】

最後に『相手情報の管理』です。

 

婚活サイトで相手を検索する場合、サイト側には正しい個人情報の提供が行われていますが、掲示板でそれが公開されているわけではありません。そのため、相手の呼び名が被ってしまったり、似ていたりする可能性があります。

 

どんな会話をしたかも含めて、相手の混同が起こらないように注意しなければなりません。

 

最近では同一サイト内でも複数の相手と会話をすることを想定して、『メモ機能』を付けているところもあります。こまめに記録をすることで会話のチグハグを防ぐことができます。

 

このように、婚活サイトの掛け持ちは可能ですが、注意点を守って効果的に取り組まなければなりません。婚活サイトの掛け持ちは悪い事でも何でもありませんが、集中していないような気がして、その事実を伏せる人が多いようです。

 

これは法的にどうか、婚活サイトの規則的にどうかということではなく、相手に対して申し訳ない気持ちが勝っていることの表れです。基本的には、相手に対して失礼のないように、誠意ある対応を心がければ問題ありません。