婚活サイトを利用するのに必要な書類は?

婚活サイトは結婚を前提とした出会いの場を提供するものです。
軽い出会いではなく、人生を左右するくらい大きなものとなることは言うまでもありません。

 

そのためには、簡単に誰でも会員として認めるわけにはいきません。

 

会員となる人には一定の条件が課せられます。一般的な婚活サイトでは、男性側に細かい条件を課せされることが多いようです。今回は男性に関わる提出書類について取り上げていきます。

 

基本的には身分証明書だけでOKな所がほとんど
しかし婚活サイトの中には、他にも色々な証明書が必要な場合もあります。

 

【独身であることの証明】

あくまで結婚を前提としたものなので、独身でなければなりません。

 

婚活サイトを利用したいと考える男性の中には、離婚予定だがまだ婚姻継続中という人もいるようです。女性会員が安心して利用できるように、独身であることの証明が必要になります。

 

そのためには『戸籍謄本/戸籍抄本』の提出が求められます。
これによって、住所や年齢なども同時に証明されます。

 

【定職に就いていることの証明】

実際に結婚となると経済的に安定していなければなりません。

 

ただ、収入があれば良いというものではなく、正社員として勤務していることを希望する女性が多いことは言うまでもありません。そのため、定職に就いていることを証明するための書類を求められることがあります。

 

それが『在職証明書』です。勤務先も同時に証明されます。

 

【保険・年金があることの証明】

結婚生活自体も大切ですが、万が一や老後のことを考えると保険や年金に正しく加入できているかどうかを気にする人もいます。保険に関しては『健康保険証』、年金に関しては『年金手帳』で、これを証明することができます。

 

ここまでに取り上げたのはよくあるものですが、婚活サイトの中には特殊なものもあります。
例えば、『年収1,000万円以上限定』とか『医師・歯科医師限定』とか『公務員限定』など、特殊な条件を満たした人だけが会員になることができる婚活サイトがあります。

 

このようなサイトでは、上記証明書類に加え、それぞれの特徴を証明することが必要になります。

 

当然のことながら、こういった手順は面倒です。
しかし、こういったことをしっかり行うことが、真剣であることの証明にもなります。

 

ただ、婚活サイトの中でも入会そのものが簡単なところも手間がかかるところもあります。手間がかかるところはそれだけ身元保証がしっかりしており、信頼性の高いサイトだと言えるでしょう。

 

また、女性に関してはそこまで細かなものは求められていませんが、独身であることの証明として『戸籍謄本/戸籍抄本』の提出、緩いところでも『運転免許証』の提出は求められます。

 

提出方法は、コピーの郵送、または写メの送信で認められるところが多いようです。