婚活パーティーの種類は色々ある

婚活パーティーと一言で表現してもその形態は様々です。
『主催者』『所要時間』『特殊条件』に分けて見ていきましょう。

 

【婚活パーティー 主催者編】

婚活パーティーは誰が主催者なのかでその目的や質が分かることがあります。
イベント業者であることもあれば、結婚相談所や婚活サイトが主催者となっている場合もあります。

 

前者であれば参加者は不特定多数の人も広く募っていますが、後者であればそれらの会員になっていることが条件だったりすることがあります。

 

また、婚活パーティーでは食事などが準備されますが、その質などに影響があります。
同時に、参加者の身元をどの程度把握しているかも変わってきます。

 

これに関しては、大手企業だからと言って優れているわけではありません。

 

【婚活パーティー 所要時間編】

婚活パーティーはコンセプトによって所要時間が様々です。

 

通常は約2時間〜3時間と言われていますが、企画されたイベント内容によっては半日がかりなんてこともあります。長時間になればなるほど、イベント力は高まり、コミュニケーション力がさほど高くなくても楽しむことができるようです。

 

【婚活パーティー 特殊条件編】

婚活パーティーには参加条件が付いている場合があります。
良くあるものとしては『年齢制限』『人数制限』などがあります。

 

これは婚活パーティーそのものを円滑に進めるためのものなので当然のことだと言えます。
ただ、参加条件には他にもあります。

 

『医師限定』『公務員限定』『年収1,000万円以上限定』『社長限定』など様々です。
これは他の婚活パーティーとの差別化を図るためのものですが、相手のタイプが一気に絞られるので人気があります。この条件は一種のステータスであり、結婚後の生活レベルをイメージすることができます。そういう意味では、このような条件は男性に与えられていることが多いようです。

 

 

結婚相談所では1人ずつしか紹介してもらえません。

 

少々失礼な表現が含まれますが、実物を並べて比較検討できるのは婚活パーティーだけです。もちろん自分自身も同様に見比べられますが・・・

 

また、婚活パーティーに参加すると分かりますが、モテる人は決して外見が良いだけではありません。なぜその人がモテるのか、しっかり見て勉強すると今後の参考になるでしょう。

 

こういう場でコミュニケーション力を高めて、自分自身の婚活に生かせるようにすると良いでしょう。婚活パーティーには何度も参加できるので、「1回で決めよう」と気負いすることなく、軽い気持ちで参加してみましょう。